メガトンパンチblog

サムギョプサル&チーズダッカルビ&こだわりの韓国料理が食べられるお店です♪

*

日本での生活5年目のビョンファが見た日本のすごい所は?

      2017/10/17

@日本のすごい所はなんですか? by柿沼

 

1 ”挨拶と礼儀”

日本と韓国は近いけどすごく違う部分が多い国って言われてます。

実際に来てみるとその通りでした。。笑

悪い意味ではないです。。ー_ー;;
違う文化だからこそいお互いに勉強になることが多いっていう意味です。
世界の先進国で認められてる国らしく私は個人的に日本から勉強してもらえることが多いなーって思ってます^^

例えば、日本では挨拶する礼儀がすごく良くて

学校で初めて会う方とか同じ建物で住んでるアバートの住民にも

『こんにちわ~』とか挨拶すること見ると

『ワーーーすごいなーって」思いますね。

韓国と中国ではあんまりない挨拶礼儀ですね^^

 

2 ”腰が低いこと、謙虚さを大事にすること”
要点=日本は自分の腰を低くして相手をお先に認めて相手に比べて足りないことを教えてもらう姿が上手い

 

韓国でしたら軍隊に入って出た理由もあるし、他の国に比べたら先輩後輩の上下関係にすごく厳しいです。
でも日本は自分がレベル高いのにもっと成長するため、自分が偉いって思っても相手には下の目線で謙虚さを持って相手に勉強してもらおうとする態度とか見るとやっぱり先進国だなーって思いました。

 

3 ”計画性+将来の見込みを見て判断して行動に移すシステム”

7つの習慣(スティーブン、コヴィー)の本の内容の中で

『一回切る前に、二回測って切りましょー』

ということを聞いたことがあるでしょうか?

外人のビョンファが思う日本は

一つの物事を選んで落とし込む前に、

いろんな情報を調べたり真剣に細かく検討して判断スタートするっていうこと

(逆に韓国でしたら計画より一応、行動に移して失敗してからやり治す!っていう感じです。)
失敗するとそのぐらい損することも多いしデメリットも多いはず、
一回行動する前に色んな情報を受け入れて落とし込むっていうことを結構気づいてますし勉強になっております。

 

ブログ読んで頂きありがとうございました。
ビョンファでしたm(__)m
image75

 - スタッフblog

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

メガトンメンバー,ヤンモリ
韓国風かわいいタオルの巻き方『ヤンモリ』 柿沼
韓国人,シェフ,料理
世界一流オーナーシェフを目指してる韓国人 ジャンビョンファです~
熊谷,韓国料理,居酒屋
自己紹介・店長佐藤です。
image81
男子必見。K-POPアイドルシリーズ3 イ・ヒョリ 
image1
これからのメガトンパンチ  熊谷店志茂
image145
Kさんのお勧めK-POP 防弾少年団☆BTS
海鮮ニラチヂミ,メガトンパンチ
こだわりの海鮮ニラチヂミ完成の秘話 店長佐藤
image192
感謝感謝♪1周年 柿沼
image21
お酒のプロ酒屋さんから学んだこと。お酒へのこだわり 店長佐藤
image184
武者修行2 新大久保編1 小林
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。