メガトンパンチblog

サムギョプサル&チーズダッカルビ&こだわりの韓国料理が食べられるお店です♪

*

日本に来て、日本語を勉強しながら苦労した事 ビョンファ

      2017/10/17

1,日本語の会話のレベルが初級クラスだったのでアルバイトを選べる範囲が狭かったこと
 
語学ができないとお仕事を選べる分野も少なくなります。

なぜなら会話が通じないので細かいは話もできないし結局、先輩の背中を見せながら教えるって言うか。。かつ韓国人に興味がある日本人のお店じゃないと韓国人を雇う必要性がないですね。。ー_ー;;なので教えなくてもすぐできるようなーことでスタートしますね(例えば=掃除、お皿洗い、片付け。。。) ちなみに僕も最初は飲食店のバイトでホールに立つまで結構、時間がかかりました。T_T;;
 
 
2,語学を早く上達するポイントと秘訣を知らなくて効率が悪かったこと
 
例えば。。
日本語の学校でなんかお話を聞いてもらう時に一応韓国語で想像してー
日本語で翻訳して話そうと思ったことです。この方法ですと時間が経っても上達する速度がだいぶ遅いので日本語で聞かれる時に
『 1秒の以内で韓国語で考えずに日本語ですぐ返事が出来るように練習』 できるようにすれば早く上達することができましたね。^^(私の経験上です)
 
 
 
3,五感利用する語学勉強仕方を知らなかったこと
 

授業が終わってから学校の70歳の校長先生と話し合う機会が多かったですが語学のレベルを一番早く上達する方法は 『人間の本能である五感を利用すること』です。

それに五感を利用することができる練習仕方でしたら

それは…『日記です』

あ、、どうしよう〜〜日本語でも日記書くの面倒くさくて諦めたことが多いのに。。。。って思う方も結構いらっしゃると思います。。^^;;

 

でも日記って精神的にストレスが溜まったりピリピリする時に書いてみるとすごくーーーストレスが発散することを気づきます〜!!!!(いいじゃん、いいじゃん!!!)

なんかネガティブな考えを思い出した時、文句があっても自己表現ができなくて自信がない方ー
溜まりすぎるとうつ病なったり躁鬱病(そううつびょう)になったりしてもっと困っちゃうのでお先に発散した方がいいんじゃないですかね^^;;
お話が長くなっちゃってミアんハムニダー_ー;;(すいません;;)
 
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 
引っ越しバイトの写真でお願い致します^^
 
 
普段、日記を書いたらメリットで二つをご紹介いたします〜!!!
 
#日記を書いたらメリットは。。。??
 
+溜まってる精神的のストレスが発散できる
+自分の感情を正直に書いて後で読んでみて自覚が来でるので感情のコントロールができる
+お金がかからないからお得!!
+相手に迷惑をかけないで自立できる
 
 
 
#外国語の勉強で 『 日記 』 が役に立つ理由は??
 
要点だけ言うと 『 五感を利用するからです 』
 
一日中あったことを書いてみる(触覚)
書いた内容を見ながら覚える(視覚)
内容を自分の口で話してみる自分の耳で聞き取り(聴覚)そして書いた内容の中で間違えたところがあるか日本語の先生にチェックしていただく 〜!!!(フィードバック)
 
この方式で私は誰よりも短い期間で早く上達するきっかけになりました〜!!!!!(もちろん、この方法の効果は私と留学生の時のルームメイト、英語を勉強してる日本人の知り合いなど効果があるっていう意見が結構多かったですね^^)
 
 
次回は
日本語の学校で勉強しながら良かった事を書きますね^ ^
 
長文読んで頂きありがとうございましたm(_ _)m

 - スタッフblog

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

メガトンパンチ,サムギョプサル,看板
Q.メガトンパンチは繁忙期に備えて準備はできていますか?? 店長佐藤
image144
感謝の気持ちを込めて、、、 店長佐藤
IMG_20170720_184216
初めまして♪初ブログ 熊谷店マー坊
ヤンニョムチキン,開発,メガトンパンチ
ヤンニョムチキン開発秘話 ビョンファ
image210
韓国の大邱(テグ)から来ました カンミンチョル
熊谷,メガトンパンチ,スタッフ
良いアイデアは一緒に働くスタッフがいるからこそ生まれてくる 居酒屋求人
海鮮ニラチヂミ,メガトンパンチ
こだわりの海鮮ニラチヂミ完成の秘話 店長佐藤
image83
日本語の学校で勉強しながら、良かったことは? ビョンファ
熊谷,韓国料理,居酒屋
自己紹介・店長佐藤です。
モツ煮,韓国風,メガトンパンチ
こだわりの韓国風モツ煮開発秘話 店長佐藤
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。