メガトンパンチblog

サムギョプサル&チーズダッカルビ&こだわりの韓国料理が食べられるお店です♪

*

こだわりの海鮮ニラチヂミ完成の秘話 店長佐藤

      2017/10/17

今日はメガトンパンチ自信のチヂミができるまでの秘話について書きたいと思います。

と言うのも当店で提供している、海鮮ニラチヂミを納得のいく形で完成させるまでに、数々の試行錯誤を繰り返して練習を重ねてきました。
 

・具材は何を使うのか?
・生地に対しての分量配分は?
・チヂミを焼く時の適温は?

・生地の厚さは?
・火にかけた時にどう広がるのか?
・弱火、中火、強火の使いわけは?

・焼き上げるまでの時間は?
・表と裏のひっくり返すタイミングは?

 

課題は山積みでした^^;

 

チヂミと言えば外はカリカリ、中はモチモチが美味しいですよね!

カリカリに仕上げる為には、どうしたらいいのか?

 

粉と水分の配分、そして具材の量とのバランス!!

 

これが1番苦労しましたm(_ _)m

以前チヂミを勉強しに、有名な韓国の広蔵市場という所まで勉強しに行ったストーリーを書かせて頂きました。

こちらも良かったら読んで頂けたら嬉しいです^ ^
↓↓↓
 
水分が多すぎると火にかける時間が長くなる上、生地がベチョベチョになってしまい中々カリっと仕上げるのは難しいです。

具材を多く入れて水分をカバーしようとしても、今度は具材に中々火が通らず、歯ごたえがなくなります。

 

逆に、水分を少なくすると粉と具材を混ぜた時によく絡まず、焼くときに弾力がついてしまい硬くなってしまいます。

何回も何回も焼き続け、粉の割合に対しての水分を微調整していきました。

 
image37
 
image38


そしてやっと!!やっと!!

カリカリに仕上げるまでに至りました!!

 

image39


がっっっ!!

しかし!!

海鮮本来の味が弱すぎるっヽ(´o`;

ニラの風味に負けてるじゃないですか。。

それに中がモチっとしない。

 

何故なんだろう?

 

これではニラチヂミになってしまう。

 

バランスをとるのは本当に難しいんですm(_ _)m
 

そしてもう1つ!!

 

チヂミを食べ過ぎてお腹がポッコリ(^^;;
 

image40

 

 

残念な姿、失礼しました(笑)
 
悩みが多い中、生地を作る上で炭酸水を混ぜたりもしましたが、中々思うようには仕上がりません。
生地に問題ないのであれば、後は水分を何で取るかだけなんじゃないかと。
悩みに悩みました。
 
image42
 
image41
 
 
そして辿りついたんですよ!!
海鮮の出汁を使えばいいんじゃないかと!!
それにプラスして長芋を擦ってトロロにして混ぜれば、モチモチの食感が出せるはず!!
 

出来ました♩

 
image43
 
image44
 
 
形は汚いですが、外はカリカリ、中はモチモチ、海鮮とニラの風味もマッチして食感も最高です(^.^)
これなら自信を持ってメニューに出せる!!

苦労したからこそ、得られる喜びは絶大でした♩

 
こだわりを出しつつ、視野を広げる事によって数々のアイデアが生まれるとは、こうゆう事を言うんですね(^○^)
 
正直、しばらくチヂミは食べたくないと思っていましたが、作り方の感覚を忘れない為と味を忘れない為に無理矢理食べてます(笑)
 
韓国料理はハマると抜け出せなくなりますよ〜♩
みなさんハマりすぎには気をつけましょうヽ(´o`;
でもでもメガトンパンチには足を運んで下さいね!
最高のおもてなしがチヂミとセットで付いてきますから〜♩
 

 - こだわり情報, スタッフblog

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

image184
武者修行2 新大久保編1 小林
image187
韓国豆知識( ´∀`) 柿沼
image50
日本に来て、日本語を勉強しながら苦労した事 ビョンファ
志茂,韓国,指さし
接客業って面白い♪志茂
S__42991627
川越メガトンパンチって何? 川越・韓国料理居酒屋
IMG_1284
K-POP大好きシリーズ 宇宙少女? 柿沼
熊谷,メガトンパンチ,スタッフ
良いアイデアは一緒に働くスタッフがいるからこそ生まれてくる 居酒屋求人
image18
熊谷に引っ越してきて親への感謝に気付けました。志茂
熊谷,韓国料理,居酒屋
自己紹介・店長佐藤です。
image174
一生の仲間探し 志茂
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。